エイジングケアのコツ

紫外線と乾燥をシャットアウト!シミ・くすみによる老け顔にサヨナラ

投稿日:

いつまでも若々しくいたい、みんなからキレイと言われたい。
女性なら誰でもそんな風に思っていることでしょう。

でも、ファッションだけ若くても、お顔が老けて見られては、ちぐはぐになるだけです。
お肌の老化は避けて通れませんが、実年齢より老けて見られないようにするには、シミとくすみの対策が必要なんです。
いつまでも若いアナタでいるために、シミとくすみ対策を始めてみませんか。

シミを作りたくない!カギは紫外線対策

若い頃はどんなに紫外線を浴びても、シミなんてできなかったのに。
そう思ってはいても、年齢を重ねるごとに肌も歳を重ね、若い頃の対策では対応しきれないことも起こってきます。

そもそも、若い時には、なぜ紫外線を浴びてもシミができなかったのでしょうか。
それは、若い肌に多く含まれる水分が、肌のバリア機能を働かせ、紫外線をブロックしていたから。

年齢と共にお肌の水分量は減り、バリア機能が少しずつ弱くなってしまいます。
バリア機能が減ったお肌はどうなるのか。

紫外線からお肌を守るために、メラニンが生成されてしまうのです。
そのため、乾燥したお肌、加齢を重ねたお肌には、シミが残ってしまうというわけです。

どんな季節でも、紫外線はお肌を刺激し続けています。
きちんとケアすることで、シミができることを少しでも抑えることができます。

徹底的に紫外線をブロックするためには、日焼け止めを使うといいでしょう。
紫外線吸収剤のないノンケミカルのものは、敏感肌の人にもオススメです。
また、日傘やUVカット機能のあるグッズで紫外線を遮ることも重要です。

きちんとした紫外線対策で、老け顔の原因となるメラニン生成を防ぎましょう。

ピーリングでくすみ取り 保湿もしっかり明るいお肌へ

「疲れてる?」そんな風に声をかけられても、別に体調はいつもと変わりがない。
慌てて見た鏡には、なぜか暗くどんよりとした肌質の自分が映っている…。

くすみが原因で、他の人からの印象が悪く見えたら、ちょっとショックですよね。

そんなくすみの原因のひとつは、ターンオーバーの乱れにより、お肌の白さが失われているというもの。
本当は白い肌なのに、古い角質が表面に残ってしまって、白いお肌を覆い隠してしまっているというわけです。

ターンオーバーの乱れを元に戻すためにも、シミの対策と同じように、保湿は大事。
保湿を徹底して念入りに行えば、ターンオーバーが正常になり、古い角質の量も正常になります。

そこでピーリングを行えば、白いお肌を覆っていた角質が取り除かれ、本来の白い肌が戻ってきます。
もちろんピーリングの後はすぐに保湿をしっかり行って、肌を守ってあげるようにしてくださいね。

まとめ

シミもくすみも、日ごろのケアによって充分に対策できるものです。
正しい方法を理解することが、美しい肌への第一歩。

まずは、紫外線対策と保湿から。これらは、すべての肌トラブルの元となります。
できることから実践すれば、きっと若く美しいお肌が手に入るはずですよ。

-エイジングケアのコツ

Copyright© ブライトエイジの実感セットをお試し!気になる口コミもチェック , 2018 AllRights Reserved.