エイジングケアのコツ

保湿ケアからはじめよう 乾燥を防いで美しい肌へ

投稿日:

木枯らしが吹くと、肌のピリピリを感じて、乾燥してきたな、と感じる人も多いはず。
でも実は冬だけでなく、一年を通して、肌は乾燥してしまっているのです。

ストレスの多い現代社会。心身の不調はお肌にまでトラブルを引き起こしてしまいます。
乾燥肌のケアをしなければ、その他の肌トラブルの原因になることも。

美しい肌を手に入れるために、まずは保湿ケアからはじめてみませんか。

保湿のための成分に注目 化粧水の選び方

スキンケアをする時に、一番最初に肌に触れるのは「化粧水」。
保湿をするためにも、まずは化粧水に注目して、どのような選び方をすればいいのかをみていきましょう。

最初に注目してみたいのは、アルコール成分が含まれていないこと。
アルコールは揮発性があり、お肌から蒸発する際に、一緒に水分を奪ってしまいます。

乾燥肌には、アルコールフリーの化粧水を使ったほうがよさそうです。

それから、保湿成分が配合されていること。
ヒアルロン酸やセラミドなど、保湿成分には色々な種類のものがあります。

特に、お肌の細胞同士を接合させる接着剤の役割をもつ「セラミド」は、お肌の水分をキープするために必要な成分です。
少しお値段がお高めになっても、試してみる価値はありそうです。

乾燥を防ぐということは、お肌から水分を逃がさないようにするということ。
蒸発をする成分を含まないこと、水分をキープする成分を含んでいること、この二つをポイントに選んでみるといいでしょう。

お肌の乾燥を防ぐ 洗顔のもつ役割とは

メイク前にも、メイク後にも、必ずするのが洗顔。
ただ汚れが落ちればそれでいい、なんて思っていませんか?

実は、間違った洗顔をしてしまうとお顔の潤いがなくなってしまい、乾燥肌を引き起こす原因になってしまうのです。

化粧品で水分や油分を補うことも勿論大切ですが、お肌が本来もっている潤いを補い保つ力を充分に発揮するためには、正しい洗顔をすることが大切です。

ポイントは3つ。

1つ目は、ぬるま湯を使うこと。

朝は念入りに汚れを落さなくても、夜に充分洗顔ができていれば大丈夫。
せっかく夜の間に補修された皮脂などを落としすぎないために、朝はなるべく、ぬるま湯だけで洗顔しましょう。

2つ目は、洗顔料をよく泡立て、泡で洗うこと。

手でごしごし擦ってしまっては、皮脂を取りすぎたり、摩擦で乾燥を悪化させてしまいます。
泡で優しくゆっくりと落しましょう。

3つ目は、洗顔は1日2回までにすること。

夜は汚れを落すために洗顔料を使ってしっかりと洗い、朝はぬるま湯だけであっさりと洗う。
洗顔のしすぎは、お顔の乾燥をすすめてしまいます。

正しい洗顔をすることで、洗顔後の化粧水の浸透率がぐんと高まります。
外側から補うだけでなく、肌がもつ正しい力を有効に使うためにも、洗顔は正しく行いましょう。

まとめ

お肌が乾燥してしまうと、様々な肌トラブルがおきてしまいます。
一度おきてしまった肌トラブルは、なかなか解消するのは大変です。

乾燥が起こる前の保湿ケアをこころがけて、潤いのある美肌をめざしましょう。

-エイジングケアのコツ

Copyright© ブライトエイジの実感セットをお試し!気になる口コミもチェック , 2018 AllRights Reserved.