エイジングケアのコツ

シミを薄くしたい!シミの予防とアフターケア

投稿日:

ふと鏡を見たとき、シミがあると一気にテンションが下がってしまいます。
一度見つけてしまうと、とにかく目立っているような気がして、気になって仕方がないんですよね。

メイクで隠そうと必死になる気持ちも分かりますが、できることなら「隠す」のではなく「なくしたい」ですよね?
シミの予防とアフターケアについて、詳しく紹介していきましょう。

紫外線ケアを徹底する

シミを作る主な原因でもあるのが、紫外線。
もう少し詳しく言うと、紫外線を浴びることでメラニン色素が生成されてしまうことが、シミの原因になるのです。

私たちの肌にとって、紫外線は悪影響をもたらします。

その1つが、コラーゲンを破壊してバリア機能を低下させてしまうこと。
コラーゲンが破壊されてバリア機能が低下すると、肌は外部刺激の影響をダイレクトに受けてしまいます。

紫外線は肌にとって悪影響なものですから、なんとしてでも食い止めなくてはなりません。
そこでお肌を守るために生成されるのが、メラニン色素なのです。

メラニン色素は肌を守るために作られるのですが、「シミ」という代価も残してしまう厄介なもの。
シミを作らないためには、紫外線ケアを徹底して行うことが重要です。

紫外線が騒がれる春から夏にかけてだけでなく、季節を問わず紫外線対策は行っていきましょう。
あまりイメージがないかもしれませんが、冬でも紫外線は届いているんですよ。

弱めの日焼け止めやUVカット機能のついた化粧下地、ファンデーションなどで紫外線をブロックしていきましょう。

美白成分の配合された化粧品を使う

すでに紫外線を浴びてしまった!というときには、その後のケアが大切。
諦めて放置してしまうのは絶対にやめましょう。

紫外線を浴びてしまっても、「メラニンを作らせない」ことができればシミにはなりません。

メラニンを作らせないための成分としては、

  • コウジ酸
  • エラグ酸
  • トラネキサム酸

などがあります。

化粧品を選ぶとき、これらの成分が配合されているものを探してみてください。
紫外線を浴びてからできるだけ時間をおかずにケアをすることで、メラニンが作られるのを阻止することができますよ。

また、すでにシミができてしまっているときは、メラニンを還元する成分が必要になります。

メラニンを還元する成分のおすすめは、ビタミンC誘導体。
ビタミンC誘導体には強い抗酸化作用があり、メラニンを還元する力も高いです。

とはいえ、できてしまったシミを薄くするには長い時間が必要だということも忘れてはなりません。
肌のターンオーバーは約1ヶ月あり、1ヶ月かけて少しずつ薄くしていくイメージですね。

過去のシミであればあるほど、時間がかかるということをあらかじめ頭に入れておきましょう。

まとめ

シミの予防とアフターケアについて、紹介しました。
シミはできてから何とかしようとするととても大変なので、やはり「作らない」ためのケアをすることをおすすめします。

すでにシミができてしまった人も諦めず、根気よくケアをしていきましょう。

-エイジングケアのコツ

Copyright© ブライトエイジの実感セットをお試し!気になる口コミもチェック , 2018 AllRights Reserved.