エイジングケアのコツ

効果的なスキンケアのコツ 夏場もしっかり保湿対策を行いましょう

更新日:

年齢を重ねるごとに大切になるのが、毎日のスキンケアです。

特に25歳前後はお肌の曲がり角といわれているので、しっかりとしたスキンケアの方法を選ばなければなりません。
またこの頃から肌質が変わりやすいといわれ、いわゆるファーストエイジングとも呼ばれています。

乾燥による肌の変化には特に注意しましょう。
最近では仕事のストレスや環境の変化によって、乾燥だけでなく敏感肌に悩む女性が増加傾向にあります。

お肌のトラブルを招く乾燥肌は、保湿によってケアすることが大事です。

効果的なスキンケアのコツ

日々のスキンケアで意識しておくと効果的なコツについてご紹介します。

まず洗顔をしたらすぐに化粧水をたっぷりと付けて、水分の蒸発を防ぎます。
化粧水の前にプレ美容液を付けると、成分がぐっと浸透しやすくなります。

覚えておきたいのは、肌が手のひらに吸い付くまで化粧水をなじませることです。

それから保湿やエイジングケアなどの目的別で選んだ美容液を塗り、クリームでふたをします。
特に乾燥が進む秋冬シーズンは丁寧にケアを行いたいものです。

さらに必要に応じて、部分ケアを行いましょう。

目元の乾燥が気になる場合はアイクリームを使い、シワが気になる箇所につけていきます。
目の周りは皮膚が薄いため、日常的にケアを行っておきたい部分です。

忙しい時にはスキンケアが雑になってしまいがちですが、そのような場合には化粧水と美容液が一緒になっていたり、乳液とクリームの両方の働きをするコスメを選ぶのがオススメです。

お手入れが一度ですむオールインワン系も便利ですが、塗る前に化粧水をさっと付けておくと成分が浸透しやすくなります。

毛穴の開きが気になる場合には、コットンを使ったローションパックを取り入れてみましょう。
やり方は簡単で、化粧水をたっぷりと染み込ませたコットンを3枚ほどにさき、乾燥が気になる部分に5分ほど乗せておくだけです。
ローションパック専用のコットンも売られているので、利用してみても良いですね。

夏場もしっかり保湿ケアを

保湿ケアは秋冬にしっかり行えばいいと思ってしまいがちですが、実は夏季シーズンもケアが重要です。
理由として外出時の強力な紫外線や、エアコンが効いた部屋で長く過ごすことが挙げられます。

紫外線やエアコンはどちらもお肌の乾燥を招き、知らず知らずのうちにトラブルを引き起こすことがあります。
仕事で1日じゅうオフィスで過ごす方は特に、お肌の乾燥が進みやすい状態になっています。

夏も1日の終わりには、しっかりとしたスキンケアをすることが大切です。
暑さでお肌のベトつきが気になる季節なので、秋冬に使っているコスメとは別に夏用のものを選びましょう。

オススメは美白と保湿の両方ができるタイプで、紫外線を浴びたお肌のケアをしつつトラブルが起こりにくい状態にしてくれます。

また、夏には携帯用のミストが多く発売されます。
冷房の効いたオフィスで乾燥を感じた時や、お昼のメイク直しの時にしゅっと顔に吹き付けると肌に水分補給ができるので便利です。

夏にしっかりとスキンケアをしておくことで、乾燥が急速に進む秋でもトラブルの起こりにくいお肌になります。

-エイジングケアのコツ

Copyright© ブライトエイジの実感セットをお試し!気になる口コミもチェック , 2018 AllRights Reserved.