2017年春に新登場!製薬会社が開発したハリと美白に働きかける新スキンケアをお試し。

エイジングケアのコツ

エイジングケアで重視する点は?

投稿日:

ひと昔前だと、エイジングケアはかなり高齢の女性がするようなイメージでした。
お金に余裕のあるマダムがするような特別なケアを思い浮かべる人も多いはず。

ですが、時代が進むにつれシミやシワ対策のコスメも進化し、誰でも保湿にプラスしたハイレベルなスキンケアができるようになりました。
女性がエイジングケアを始める年齢や、重視する点はどういったものがあるでしょうか?

30代からのエイジングケア

20代から50代の女性を対象にしたアンケートで、何歳からエイジングケアを始めるか伺いました。

その結果、30歳前後から取り入れる人が多いことが分かりました。
早い人では25歳から始めているという人もいました。

なぜエイジングケアを始めたか?という問いには多くの女性が
「シミやシワを見つけたから」
「いつもの保湿では乾燥が防げなくなったから」と答えています。

ですがその反面、何をしていいか分からなくて何も手をつけていないという人もかなりの人数いました。

スマホで簡単に情報が得られるとはいえ、たくさんの情報がありすぎて何を信じればいいか分からなくなるのは、誰しも経験がある事ですよね。
一般的に広く効果のあるエイジングケアは、ないのでしょうか?

保湿と抗酸化作用が若々しさを保つ

エイジング対策に効果がある成分は存在します。
それは抗酸化作用と呼ばれる物質の働きです。
抗酸化物質には、老化の原因であると言われる活性酸素を抑制する作用があり、その結果体内の細胞を若々しく保ってくれるという効果があるのです。

食品には赤ワインやビターチョコなどのポリフェノールを含むものに多く入っています。

コスメでおすすめしたいのが、フラーレンという成分です。
フラーレンを発見した科学者は、ノーベル賞を受賞したことでも有名です。

ダイアモンドと同じく炭素で出来ていて、その抗酸化力はビタミンCの172倍に上るとも言われているのです。
りんごを使った実験では、なにもつけていないりんごに対し、フラーレン含有の水につけた物は長時間変色しませんでした。

フラーレンは効果と安定性が高く化粧水や乳液、パックに配合されている他、原液も販売されています。

保湿はスキンケアの基本で、とても大切です。
畑と同じように、いくら良い肥料を使ってもお水がなければ意味がありません。
丁寧な保湿はエイジングケアでも欠かせないステップなのです。

フラーレンの原液はそのままつけるというよりは、自分の好きな濃度の手作り化粧水を作るのに向いているかもしれません。

その他に抗酸化作用があるとされているのは、アスタキサンチンやコエンザイムQ10などが挙げられます。
サプリメントやコスメを駆使して、若々しいお肌を保ちたいですよね。

まとめ

エイジングケアを開始するのは、平均して30歳前後にお肌の衰えを感じてから始める人が多いようです。

丁寧な保湿で潤いを与えつつ、抗酸化作用のあるコスメを併用して外部からのダメージをブロックするのが、簡単かつ効果的なエイジングケアの方法だと言えます。

-エイジングケアのコツ

Copyright© ブライトエイジ口コミ 10日間実感セットを徹底レビュー , 2017 AllRights Reserved.